フインとは

フィンはいわゆる「足ヒレ」のことです。水面や水中での移動における推進力となるのが、このフィンによるキックです。フィンは形状によって大きく2種類に大別されます。

フルフットタイプと呼ばれるフィンは、足を入れるフットポケットが、かかとまでをカバーしているタイプのものです。素足に装着することも出来ますが、薄手の専用ブーツや磯足袋を利用することも可能です。アジャスターなどのサイズを調整する機能は基本的に皆無であり、また、最近は増加してきているとはいえ、市販の靴のような細かなサイズ設定があるわけでもないため、前述の専用ブーツによる調整や、フィンサポートというバンド状のオプション器具によって拘束するなどの工夫が必要となる場合もあります。

Diving Rescue

さらに岩場など足場の悪い場所からのエントリーなどが想定される場合、直前まで別途サンダルやブーツを履いておく必要があります。サイズさえあっていれば、フルフットタイプはフィット感に秀でており、水面移動などが多いダイビングで本領を発揮することでしょう。思いのままにフィンを扱う心地よさを感じることが出来るという点で、フルフットタイプのフィンが選ばれることも多いようです。

unigraph_足ヒレ

これとは別に、ストラップタイプのフィンというものがあります。かかと部分がフットポケットとなっておらず、ストラップによって締まり具合を調整することができます。マリンブーツを履いたままで装着することが前提であり、着脱が容易に行える利便性と、ダライスーツやウェットスーツとの併用という観点から、仮にブーツが変わっても対応できるという汎用性を併せ持っています。ストラップは劣化によって切れてしまうこともしばしばあるため、日頃の点検が重要になります。ゴム製やステンレススプリングなどのストラップがあります。

Precision Diving - Rescue Diver Course

フィンの使い心地を左右するのが、フィンそのものの素材です。プラスチック、ゴム、ウレタン、それらのハイブリッドと多種多様な素材のフィンがありますが、重要なのはダイバーの脚力とのバランスということになります。一般にプラスチック素材などの硬く、大きなフィンは、強い脚力を必要とします。逆にゴム製で柔らかく、サイズも小さなフィンはあまり脚力を必要としない反面、推進力で劣ります。

自分の脚力で操れる硬さ、大きさを見つけるのは難しいので、ショップの店員さんによく相談してみたり、機会があれば色々なフィンに試してみると良いでしょう。